テーマ:郷土

甲山噴き出すマグマ安山岩 玄武岩より流れは遅い

西側から見た甲山 富士山は玄武岩からできている。玄武岩は粘度の低い岩なのでサラサラの状態で山肌を流れ落ちる。流れが淀んだり不均等にならないので、富士山のようなきれいな形ができあがる。 西宮市にある甲山は主として安山岩からできている。標高309mの低山。標高200m以上のところが輝石安山岩から成る。安山岩は玄武岩より粘度が…

続きを読むread more

清らかな乙女の想い伝わるも思いつめるな35億

下の方形部の端から上の方形部を望む 段上の方形部 段上から下の方形部を撮る 神戸市東灘区の珍しい古墳。処女塚古墳(オトメヅカコフン)と呼ばれている。前方後方墳で二つの方形から成る。 ロマンチックな名前の古墳にはロマンチックな悲恋の伝説がある。長さ70mとなっているが、そんなにあるようには見えない。その理由になるか…

続きを読むread more

巨石出どころ 西日本

大阪城は巨大石のオンパレードである。大手門から入ると巨石が次々と出てきて入ってくる者の度肝を抜く。まずそれで優位に立つことを狙っている(もちろん江戸時代までの話)。写真は京橋口にある肥後石と呼ばれている石で、肥後守(加藤清正)が運んできたと伝えられてきたのでその名前がついているが、実は備前藩主池田忠雄が運んできたもので「備前…

続きを読むread more

大文字から ノッポビル

「失われた20年」といえばネガティヴにとらえられる場合が多いけれど、ネガティヴな面ばかりではない。以前は大阪の神崎川は電車でその上を通過するとき窓からすごい悪臭が入ってきて閉口したものだ。1970年ころから官民協力して工場排水を減らしたり、下水道を整備したりして対策が打たれ、以後、水質が年々改善していく。そして、徐々にその悪臭も…

続きを読むread more

いまだ現役 毛馬閘門

パナマ運河は閘門式で水位調節をし、船は26mの水位差を上がり下がりする。これと同じ水位調節の閘門が大阪市内にある。何十年も大阪市内へ通学・通勤をしていて、それを知ったのはつい最近。 閘門のある場所は大阪でも北のほうの毛馬(ケマ)。淀川と大川の間の水位差を調節するために設置されていて、今でもこの閘門を船が往き来している。 …

続きを読むread more

元の姿は インドサイ?

本年8月11日付の八坂神社の狛犬関連。 上の写真は金沢尾山神社の狛犬。京都八坂神社の場合、向かって右が阿形で、左が吽形だった。この尾山神社の狛犬も同じ配置。像の材質はどちらも同じブロンズ製である。多数派の石造狛犬に比べてブロンズ製狛犬は細かいところまできれいに表現できるので迫力がある。 この他、二対のブロンズ狛犬…

続きを読むread more

ほんとにトビは 死肉食?

ずっと昔、村の小学校の同級生がトビを飼っていた。そのころ人間が食べていくだけでも大変な時代でトビみたいなカッコよい鳥に魚や肉を与えて育てていた同級生がすごくうらやましかった。そのころの田舎には沢山田んぼがあってその上空にはトビが普通に飛んでいた。 あれから長年月が経っていまやトビはなかなかお眼にかかれない。多分田んぼがどん…

続きを読むread more

渡りの時期を 逃がしたか

合言葉 12月17日夕刻、六甲山系近辺の山麓。日の入り前の時刻 ヒヨドリのねぐらと思われる付近で羽を休めるために多数のヒヨドリが帰ってきてピーッ、ピーッと鳴き交わして大変にぎやかだ。ねぐらの取り合いをしているのか、追っかけあいをして飛び回っている。 それがすっと静かになった。そして飛び回っていたヒヨドリの姿が見え…

続きを読むread more

ハルカスの上 日出が岳?

合言葉 阪神間の甲山周辺から阿倍野ハルカスが見える。直線距離にして23kmぐらい。最近は排気ガスが改善されてきて、このくらいの距離だと肉眼でも見えることが多くなった。早朝の朝焼けの中、阿倍野ハルカスの左背後に二上山、右背後に葛城山、更にはその右にある金剛山へとつながっていく。そして二上山や葛城山の背後にもっと高い山脈がうっすら…

続きを読むread more

環境整備 木にも要る

合言葉 真夏の異常な紅葉 以前は関西の山々には赤松がいっぱい生えていた。それが近年、松くい虫にやられて今では非常に少なくなっている。戦後、松くい虫の被害が一時期やかましくいわれていたが、徹底した対策が功を奏してずっと鳴りを潜めていた。ここ10年か15年で深く静かに松くい虫が復活したらしく、急激に松が減少したようだ。 …

続きを読むread more

音色は鼓 滝の音

合言葉 昨日、8月23日六甲山頂から有馬までのロープウェーに初めて乗った。8月下旬からの5日間六甲山頂から有馬までのロープウエーが無料になるのを利用して久しぶりに有馬へ行った。有馬側のロープウェー駅は鼓ヶ滝の近くにあり、この機会に滝を訪問したが、60年ぶりぐらいである。 子供のころ遠足で行ったような記憶がある。そのころに…

続きを読むread more

明治以来の別荘地

合言葉 数日前見晴らしのよい日、神戸六甲山・天覧台からの眺望。関西空港、阿倍野ハルカス、梅田スカイビル、生駒山、甲子園浜、芦屋浜、大阪湾など一望千里。 神戸のご婦人が摩耶ケーブル駅へ駆け込んできて、 「今度、8月22日には三宮からバスが出て1時間1本ケーブルが無料になるらしいですね」 「いや、8月22日だけではな…

続きを読むread more

これが理由で戦争か

合言葉 この前、京都へ行った。長いこと心にかかっていた方広寺を訪ねた。行ってみると小さなお寺。有名な鐘を見ようとした。鐘楼はあるが、その壇上へ上がっても銘文が書いてあるのかどうか分からない。鐘は目の前にぶらさがっているが、見えない。散々探した挙句あきらめて帰りかけたら、修学旅行の生徒4人ほどを案内してタクシーの運転手がやってきた。…

続きを読むread more

五十七次東海道

合言葉  本年6月枚方市駅から守口市駅まで、道草食いながら8時間かけて歩いた。ルートは旧京街道の宿場町を含む淀川左岸。京街道というのは伏見宿、淀宿、枚方宿、守口宿の4宿で終点が大阪の高麗橋。徳川時代に東海道の延長として整備された。従って東海道は五十七次ともいえるようだ。  枚方宿は大阪と京都のちょうど中間点くらいに当たり、30石…

続きを読むread more