テーマ:ひとりごと

舞妓の守護神獅子2頭

合言葉 かなり古い時代に仏教伝来とともに朝鮮半島から偶像ももたらされて、狛犬なども入ってきたのだろう。不思議な姿をしているので高麗(コマ)の犬、こま犬、狛犬と呼ばれる。当初は獅子の姿をしたのと犬の姿をしたのと2種類あって右と左に一頭ずつ置かれていたらしい。 京都八坂神社の狛犬はどちらかといえば、獅子に近い…

続きを読むread more

企業秘密の英コイン

合言葉 画像のコインは英国20ペンスコイン。現在、英国で発行されているコインは8種類。1ペニー、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンドである。その中の20ペンスと50ペンスは珍しいことに正7角形の形をしている。なんとなく違和感を感じるのはその形のせいかもしれない。360度は7では割り切れ…

続きを読むread more

轟き落ちる梅雨の滝

合言葉 野鳥観察のガイドブックに「神戸・布引の滝は都会の中にある深山幽谷で野鳥の種類も豊富」と紹介されている。2016年7月中旬野鳥見物に出かけた。梅雨の時期に雨のやんだのを見て、午後になってから家を飛び出した。新神戸駅の北側の山道に入ると急に都会の喧騒はなくなり、静かになる。気温も3度くらい下がったように涼しかった。10分ぐ…

続きを読むread more

これが理由で戦争か

合言葉 この前、京都へ行った。長いこと心にかかっていた方広寺を訪ねた。行ってみると小さなお寺。有名な鐘を見ようとした。鐘楼はあるが、その壇上へ上がっても銘文が書いてあるのかどうか分からない。鐘は目の前にぶらさがっているが、見えない。散々探した挙句あきらめて帰りかけたら、修学旅行の生徒4人ほどを案内してタクシーの運転手がやってきた。…

続きを読むread more

家族を護る狛犬か

合言葉 丹波の虚空蔵山から今田町立杭焼の里へ降りて北へしばらく歩くと古くて小さな神社、住吉神社がある。不思議な神社。住吉さんというのは大体、海の神様なのにこんな内陸国の丹波に居を構えている。そしてここの狛犬が始めて見る子連れの狛犬。阿吽の一対の狛犬のうち阿形のほうが雌らしく子犬を保護している。 一般的にいって、お寺の仁王像は…

続きを読むread more

地震予防のさかな釣り

合言葉 宇治市三室戸から天ヶ瀬ダムまで宇治川の左右両岸を往復した。沿岸近辺にある神社仏閣に足を伸ばしてのんびりと見て歩くのはのどかな気分にさせてくれる。写真は天ヶ瀬吊り橋付近の風景で、キセキレイが多分ヒナに食べ物の昆虫を口いっぱいにくわえて運んでいるのであろう。  このすこし上流ではちらほら釣りをする人が糸を垂らしている。その中…

続きを読むread more

絶滅危惧種かスズメまで

合言葉 最近、スズメが少なくなってきているらしい。スズメというのは人家の屋根の瓦の下などに巣を作っていたが、人家の構造も変わってきて都市部ではマンションなどが増えて屋根瓦の家が減っているのが原因かもしれない。スズメは人と一緒に住んでいるのに人にはなかなかなつかない。子供のころヒナを拾ってすり餌を作って育てたが、大きくなったらさっさ…

続きを読むread more

四十八滝初歩き

合言葉 先日、赤目四十八滝を初めて訪問。周辺は太古の大昔には火山群だった由で、5万分の1の地形図で見てもそれなりに複雑な地形になっている。南から東の方向にかけて三角点だらけ。赤目四十八滝の流れる渓流はずばり滝川という名前。滝は48個もなくて、20数個だけれど、名前のついている滝はどれもきれい。 渓流の中からカジカ蛙のきれいな鳴き声。…

続きを読むread more