テーマ:言葉

知らぬ間に 使ってる語が 古語になる

幼いころ、父母から受け継いだ言葉が今の時代にはもうなくなっていて、国語辞典にも載っていないことを発見することがしばしばある。 ブンドウ、カラケシ、オオコ、ハッタイコ、アマノカワ 最初のブンドウは分銅のことで濁点を取ってフンドウとして国語辞典に載っている。最後のアマノカワは反対に濁点を入れてアマノガワで載っている。…

続きを読むread more

梅雨明けの午後、夏本番

合言葉 海の日、梅雨も明けて本格的暑さ。汗がにじみ出てくる。駅構内にあるコーヒー店での若い男性従業員との会話。 「こんにちわ。何か冷たい飲み物ほしいんですが・・・」 「では、冷たいシャーベットなどはどうでしょう」 「ああ、それはいいね」 「シャーベットにゼリーなど入れたのを今、売り出していますが・・・」 「それいいね」 …

続きを読むread more