テーマ:狛犬

元の姿は インドサイ?

本年8月11日付の八坂神社の狛犬関連。 上の写真は金沢尾山神社の狛犬。京都八坂神社の場合、向かって右が阿形で、左が吽形だった。この尾山神社の狛犬も同じ配置。像の材質はどちらも同じブロンズ製である。多数派の石造狛犬に比べてブロンズ製狛犬は細かいところまできれいに表現できるので迫力がある。 この他、二対のブロンズ狛犬…

続きを読むread more

舞妓の守護神獅子2頭

合言葉 かなり古い時代に仏教伝来とともに朝鮮半島から偶像ももたらされて、狛犬なども入ってきたのだろう。不思議な姿をしているので高麗(コマ)の犬、こま犬、狛犬と呼ばれる。当初は獅子の姿をしたのと犬の姿をしたのと2種類あって右と左に一頭ずつ置かれていたらしい。 京都八坂神社の狛犬はどちらかといえば、獅子に近い…

続きを読むread more

家族を護る狛犬か

合言葉 丹波の虚空蔵山から今田町立杭焼の里へ降りて北へしばらく歩くと古くて小さな神社、住吉神社がある。不思議な神社。住吉さんというのは大体、海の神様なのにこんな内陸国の丹波に居を構えている。そしてここの狛犬が始めて見る子連れの狛犬。阿吽の一対の狛犬のうち阿形のほうが雌らしく子犬を保護している。 一般的にいって、お寺の仁王像は…

続きを読むread more