テーマ:岩石

甲山噴き出すマグマ安山岩 玄武岩より流れは遅い

西側から見た甲山 富士山は玄武岩からできている。玄武岩は粘度の低い岩なのでサラサラの状態で山肌を流れ落ちる。流れが淀んだり不均等にならないので、富士山のようなきれいな形ができあがる。 西宮市にある甲山は主として安山岩からできている。標高309mの低山。標高200m以上のところが輝石安山岩から成る。安山岩は玄武岩より粘度が…

続きを読むread more

巨石出どころ 西日本

大阪城は巨大石のオンパレードである。大手門から入ると巨石が次々と出てきて入ってくる者の度肝を抜く。まずそれで優位に立つことを狙っている(もちろん江戸時代までの話)。写真は京橋口にある肥後石と呼ばれている石で、肥後守(加藤清正)が運んできたと伝えられてきたのでその名前がついているが、実は備前藩主池田忠雄が運んできたもので「備前…

続きを読むread more

鉄平石の磁場はゼロ

合言葉 美ヶ原を訪問。向こうは朝夕寒いぐらい。主目的は美ヶ原の鉄平石。鉄平石は安山岩の板状節理。似たような現象は兵庫県の玄武洞。玄武洞は玄武岩の柱状節理。岩の上に磁石を置くと、玄武洞のは磁極が逆転していて磁針が南を指していた。美ヶ原のは磁針がグルグル回る。止まらず回り続ける。案内をしてくれたホテルの人は確か「磁場ゼロ」とか言っ…

続きを読むread more

地球の不思議秘めた岩

合言葉 丹波・篠山市の虚空蔵山に登った。標高僅か592mの山だけれど、眺望は天下一品。真下の今田町の風景は懐かしくなるような田園風景だし、遠く西に眼を転じると明石海峡にかかる明石大橋や淡路島が見える。虚空蔵山の標高は国土地理院の地形図では592mだが、頂上の手書きの標識には596mとある。「ご苦労」さんで語呂はよいのだが・・・。 …

続きを読むread more