テーマ:冤罪

知らん顔 ひとの人生 狂わせて

2016年12月27日付け、2017年2月10日付けの三浦九段冤罪事件に関連して。 最近の将棋界は藤井四段のデビュー連勝記録や冤罪告発者のうちの一人が記者クラブ賞を受賞するなどのニュースで三浦九段の冤罪災厄がかき消されそうな雰囲気である。 冤罪を作り上げた人々が何の処罰も受けないで逆に賞まで受ける。一人の人間の名誉を傷つけ、…

続きを読むread more

被害者の 面前に来て 謝れば

12月27日の「三浦九段に応援を」に関連して。 三浦九段の冤罪に対して将棋連盟は執行部トップの辞任でけじめを示しているが、火をつけた人がこのほどブログで謝罪したとか。しかし、それでは謝ったことにはならない。被害者当人に直接面前で、個人対個人できちんと謝罪するべきだ。そうすれば、三浦九段も侍だから、許してくれるだろう。ひとの面子をつ…

続きを読むread more

三浦九段に 応援を

12月27日新聞報道によると、将棋の三浦九段が対局中に将棋ソフトでカンニングしたとの疑惑が持ち上がっていた問題で、第3者調査委員会が調査した結果、シロという判定となった。疑惑の根拠となった点については、①対局中の長時間の離席については30分以上離席の事実はない ②提出されたスマートフォンでの分析結果、スマートフォンでのカンニングの痕跡は…

続きを読むread more