市街地で生活をするチョウゲンボウ狩りをするのも超高速で

画像
                獲物を持つチョウゲンボウ

阪神間の市街地、午後4時前。一軒の家のテレビアンテナにハトぐらいの鳥が飛んできて止まった。何の鳥か確かめようと目を凝らす。ものの数秒で下の方へ飛び降りてしまった。そして、数秒ほどでまた飛び上がってきて近くの電線にとまった。足の辺りがなんだかかさばっている。

双眼鏡を取り出して見ると、ハヤブサの一種チョウゲンボウが足に小鳥を捕まえている。しばらくじっとしていたが、そのうち、先端のまがった鉤状のくちばしで獲物の羽毛を引きちぎり始めた。獲物が動かなくなったところで足でつかんだまま飛び去った。

飛んできてテレビアンテナにとまり、獲物をとってまた飛び去るまで2分ぐらい。どうも近辺に住んでいて、このあたりの事情通なのではないか。じっと獲物を待ち構えるということがなかった。ひょっとすると、ヒナが何羽か巣で待っているのかも知れない。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック